コーチング

ビジネスマナー研修

☑新社会人~ベテラン社員まで

☑ビジネスマナーに不安がある、初めて学ぶ方にも

☑信頼関係を構築して離職リスクを低減

☆元CA監修、実践参加型だから身につく☆日程1日~OK!お申込みは個人・法人問いません

メリット・特徴

フィードバック

社外の研修だからこそ、

普段の関係性に影響されず、自分自身の

客観的な印象を受け入れることができます。

由来や根拠から学べる

時代とともに変化していくマナーだから、

単なる知識として知るだけで終わらせません。

自分自身で考えることができれば、

その場にふさわしい行動をとる助けになります。

オンライン実施対応

講師が個々の受講者を細かくフォローでき、
参加・発言もしやすくなります。

​もちろん追加費用などありません。

時代に即したカリキュラム、

組み合わせは自由

チャットツールのマナーやビジネス文書など

幅広くカバー。日程もプログラムも

柔軟に対応いたします。

プログラム例

  1. マナーの定義、学ぶ意義

  2. 「ありたい姿」目標設定

  3. 身だしなみ、お辞儀の種類

  4. 聴き方、話し方 相槌・クッション言葉・敬語

  5. 来客応対、訪問、席次

  6. 電話応対、ビジネス文書、メールやチャットツールのマナー

  7. 報連相、取次

各項目ではGOOD例とNG例を紹介し、誤って認識されがちなポイントをしっかりと確認。

最後に実践編としてロールプレイング等を組み込んでいます。

マナー習得のSTEP

 

 STEP1

研修は実践形式を取り入れ、マナーの本質である「自分の行動で相手が何を感じるか」という点でフィードバック得られます

 STEP2

さらに後述の​3つの観点から振り返り、自分自身で設定した目標である「ありたい姿」のために

日常で意識すべきことを確認していただきます

「周囲の信頼を得る」マナー習得のキーとなる

​3つのポイント

トラブル対応など、自制心をもって臨機応変な言動をすること

2

電話応対など、相手の状況を察知し考慮すること

3

敬語や立ち居振る舞いなど、基本のマナーを

知っているだけでなく実践できること

​セルログのマナー研修はこんな課題を解決します

マナーが身につかない、良い印象をもってもらえない
マナーの良し悪しとは、

自分と接する相手が判断するものです。

最大の落とし穴は「自分ではできているつもり」に陥ってしまうことです。
「できているつもり」になってしまうと、たとえ周囲が伝えても変化することができません。

リモートワークなどでマナーを教える機会・実践する機会が減ってしまった

自分一人のちからで「相手基準」を身につけることは困難です。

マナーは相手に対する思いやりなので、本やネットの知識では

その重要性や影響について学ぶことが難しいのです。

\ 簡単入力3項目で完了/
ご相談のみでもお気軽にどうぞ
WEBお問合せですぐに読める資料を
ダウンロード出来ます

メールでお問合せ:info@sales-log.com